FC2ブログ

わんわんほーむの事 

2015, 06. 22 (Mon) 14:46



いつも わんわんほーむ@とかち をご支援・応援して下さりありがとうございます。

わんわんほーむの活動内容、きまり事を明記したいと思います。

わんわんほーむ@とかちは、名前の通り十勝管内の保健所(支所)から、飼い主の見つからなかった犬の保護をしています。

よって一般の方からの犬の保護はしていません。
相談も応じかねます。

今現在(2015年6月)、預かりさんは3家庭です。
救える犬の数は、成犬が2匹。子犬が多くて3匹までです。

何故、成犬・子犬の数を決めているかというと…
一つは会のキャパシティを超えないためです。
保護したはいいが、飼育崩壊したなんて事になれば目も当てられません。
これは絶対に守って行かなければいけない事です。

もう一つは相性の問題です。
預かりさんは皆、保護犬の他に自分の愛犬もいます。
自分の愛犬を第一に考えて、保護活動に参加しています。
愛犬と相性の合わない子を保護することで、愛犬・保護犬・預かりさんにストレスがかかれば、互いに不幸です。

色んな事を加味し、保護をしています。

保護して「ハイ終了」ではありません。
保護してからが本番です。
出来る限りのケアをし、基本的な躾をし、家庭犬としての第二の犬生を送れる様、一生懸命お世話をしています。


ハッキリ言います。
私は「命の選別」をしています。

いつの日か、命の選別をしなくて済むように、保護団体が無くなる日が来ることを願っています。

それにはやはり「安易に飼わない」「生まれてくる命に責任が持てないのなら、避妊・去勢の施術を」「終生愛情飼育」が不可欠だと思っています。

そしてネットや人から聞いた話だけじゃなく、自分の目で自分の足で確かめてみてください。
現実を知ることが第一歩だと思います。

出来る事は限られていますが、出来る範囲で長く活動できればと思っています。
(長くとは、保健所に収容される犬がいなくなる日まで。という意味合いです)

話は変わりまして…
譲渡する際の決まり事ですが、当たり前の事を謳っているだけの条件です。

・希望者は18歳以上の成人で、定期的な収入がある者。適正飼養(終生飼養)が出来る者。一人暮らしであれば、後見人がいる者。家族全員の賛成がある者とする。
(子犬の希望者は原則60歳までとする)

・譲渡範囲は帯広から100km圏内とする。(これは譲渡後のフォローが出来る範囲としての判断です)

・本州・離島への譲渡は認めないものとする。(フォローが出来ないため)

・必ず希望者にはアンケートに答えてもらう事とする。

・トライアル期間は原則1ヶ月とする。短縮・延長は希望者の意向で出来るものとする。

・トライアルが終了し、正式に譲渡申し込みがあれば、譲渡誓約書を交わし、避妊・去勢代・混合ワクチン・狂犬病予防ワクチン代を負担してもらう事とする。(飼い主の義務として負担してもらいます)

・畜犬登録後は必ず会へ報告してもらう事とする。

・避妊・去勢前の譲渡であれば、必ず施術後、会へ報告してもらう事とする。


基本的な条件は以上ですが、譲渡対象犬によって多少条件が変わる事があります。
それと、頂いた医療費は次の保護犬の飼養費・医療費に使用しています。


ボランティアさんについてですが、色んな仕事があります。

・預かりボラさん
・お散歩ボラさん
・イベント時などのお手伝いボラさん
等々…
今はまだ活動範囲が狭いのでこんなものですが、これから先、会が大きくなればそれなりに仕事も増えると思います。


ちょっと真面目な話で、頭の中プスプス音を立てています(*´ρ`*)

次回はなな坊の登場です!
お楽しみに!←誰も楽しみにしていなかったりして…<(゚ロ゚;)>


わんわんほーむロゴ - コピー

4 Comments

サト  

No title

会のこと、いろいろ載せて頂きありがとうございますm(__)m 言いにくいことがあったり言葉を選んだりと悩ませてしまったかな…と思ってました(>_<)
施設を構えて運営をしてるのではないんですね。イベントなど何かあれば随時更新して頂ければ、出来ることならば参加の連絡したいなと思っています。今は口しか出せませんが、本当に活動応援しています!!

2015/06/25 (Thu) 17:01 | REPLY |   

わんわんほーむ  

Re: No title

サト様

こんにちは!
コメントありがとうございます♪

悩んでいないですよ!
正確に伝わるよう考えて、頭プスプスしましたが(笑)

そうなんです。わんわんほーむは個人宅での預りで活動しているんです。
すみません、説明不足でした。

イベントがある時は事前にお知らせしますね!

応援、本当に心強いんですよ!
あぁ、私たちだけの力じゃないんだ!って思えるので。
これからもよろしくお願いします!

2015/06/26 (Fri) 17:03 | REPLY |   

坂本  

今現在の保護犬の種類と年齢を教えて下さい。(8才以上の高齢犬)

知り合いのお母さんが先日、高齢のシーズー犬を亡くしました。もともと高齢で目も見えていませんでしたがとても可愛いがっていました。持ち家で息子さんもいるので一人暮らしではありません。他に猫ちゃんはいるのですがまたワンちゃんを飼いたい。手段があれば探してもらえないか。‥と頼まれました。8才以上、10を越えていても構わないそうです。犬種と年齢を教えて下さい。

2018/05/16 (Wed) 10:55 | EDIT | REPLY |   

わんわんほーむ  

坂本様

はじめまして。
わんわんほーむ代表の者です。

この度は、保護犬についてのメッセージありがとうございます。
早速ですが、今わんわんほーむにいる8歳以上の保護犬についてお知らせいたします。

チワワの「とっと(仮名)」
オス
去勢済み
疾患は僧帽弁閉鎖不全症・心臓肥大が若干あります。
膝蓋骨脱臼もあります。
強心剤を毎日朝晩服用しています。
1ヶ月の薬代は大体3000円以内です。(値段は病院によって変わってきます)
それ以外は今の所、問題はありません。
毎日元気よく、朝昼と散歩に行っております。

譲渡条件や「とっと」について詳細に知りたい場合は、
wanwanhome5@yahoo.co.jpまでメッセージお願い致します。

また、こちらのURLに飛んでいただくと、普段の「とっと」の様子がわかると思います。
http://wanbow.blog.fc2.com/blog-category-12.html
ぜひご覧になってください。

2018/05/17 (Thu) 15:04 | REPLY |   

Leave a comment