FC2ブログ

乳飲子5匹を引き取りました 

2018, 10. 16 (Tue) 16:02


9月10日
十勝管内の町役場から一本の電話が入りました。

「目の開いていない子犬が5匹います」
聞いた話によると、子犬を見つけた方が役場に持ち込んだとのこと。
そばに母犬はいなかったらしいのですが、子犬を見る限りでは、育児放棄ではない感じでした。
(体はキレイで、丸々太っていました)

まだへそのをが付いたままの子もいました。

c1.jpg
くろ(メス)
あお(メス)
みどり(オス)
しろ(オス)
きいろ(オス)
の計5匹でしたが、残念ながら しろ・きいろ共に虹の橋を渡ってしまいました…

あおちゃんも一時危篤状態になったんですが、動物病院の院長夫妻のおかげで、何とか一命をとりとめることができました。
c7.jpg
他の子と比べ、やはりミルクの飲みが悪く、毛も「ぽやぽや~」でした。
ですが、離乳食になった途端、すごいがっつくように(笑)

あおちゃんですが、実はもう嫁入りしています!
ずーっと看護してくださった、院長夫妻の所に嫁いでゆきました!
c14.jpg
この穏やかな寝顔!
丸々太って、一時期危なかったとは思えないほどです!
院長先生・奥様、本当にありがとうございました!


c2.jpg
大きい子はみどり君
小さい子はくろちゃんです。


c3.jpg
みどり君の大あくび(笑)


c4.jpg
みどり君、目が開き始めた頃の一枚です。
ちょっとブチャイク(笑)


c5.jpg
くろちゃん、面白いカッコでスヤスヤです~


2時間おきの授乳
排泄をさせる
体温低下を防ぐため、湯たんぽを授乳時に必ず取り替え
夜中、授乳時間が2時間以上空いても、必ず夜中に一度は起きて様子を見ていました。
もちろん、すぐそばで就寝していましたよ。

本当に人間の子育てと一緒でした。

職場の上司が理解ある方で、職場に連れて行って授乳もしていました。
まだ、ワンワンキャンキャン吠えることが無いから、出来たことです。

本格的に離乳が始まってからは、お留守番スタート。
お昼休み急いで帰宅し、ケージを覗くと…
スヤスヤ寝ている子犬たち。
時にはウンチを踏んでいますけど ○| ̄|_
想定内ですけどね(-∀-)

色々ありました~
長くなったので、次回にお話ししますね! 



0 Comments

Leave a comment